SPサイトを見る
SPECIAL CONTENTS

獣医師アドバイスDOCTOR ADVICE 獣医師からのペットカートでのお散歩のススメと、
選ぶときのポイントをご紹介します。

実態調査!ペットカート選びで重要視しているポイントとは?

愛犬との暮らしの中で活躍するペットカート。皆さんは、どんなところにポイントをおいて選んでいるのでしょうか?
実際にペットカートをご愛用の飼い主さんにアンケートを実施しました。また、使っていて困ったことやヒヤリとした体験についてもお聞きしています。
皆さんの声をもとに、ペットカートをより安全かつ快適に使うための獣医師からのアドバイスもお届けします。


飼い主さんへ聞いてみました

ペットカート選びの重視ポイントは「安全性」が8割、ついで4項目が横並びに

飼い主さんへ聞いてみました

ペットカート選びで重要視するポイントを複数回答形式で尋ねたところ、トップは「安全性」で約8割の人が重視しています。
次いで、「軽量さ」「デザイン・色」「操作性」「折りたたみのしやすさ」の4項目がほぼ横並びで、それぞれ5割強の人が重視するという結果に。
回答者数400人、総回答数1,626なので、1人平均4項目を選んでいることになります。
「安全性」をベースとして、あとは人によって優先される3項目が選ばれているようです。

最重視ポイントになると、「操作性」が2位に

最重視ポイントになると、「操作性」が2位に

さらにペットカート選びでの最重視項目を1つだけ挙げてもらうと、やはり「安全性」がトップで5割強。続いて、横並びだった4項目中、「操作性」が一つ抜けて、2位にランクインしました。
ペットカート選びにおいては、「安全性」と「操作性」という、ハードとしての機能面での品質の高さが、他の要素に優先して重視されていることがわかります。

3分の1の方が、困ったこと・ヒヤリとしたことを体験

3分の1の方が、困ったこと・ヒヤリとしたことを体験

ペットカート使用者の約1/3が、困ったことやヒヤリとした体験があると回答しています。
具体的な“ヒヤリ体験”としては、カートからの「飛び出し・落下」が最多数。原因は幌を開けていた、リードを付けていなかった、カートが浅く、リードを付けたまま飛び出して宙づりに…などケースは様々。また、「段差」でのつまずきや、がたつきによる危険を指摘する声も多く聞かれました。

「困ったこと」「ヒヤリとした体験」を具体的にお聞きしました

飛び出し・落下

●キャリーの深さが浅くて飛び出した。ハーネスと飛び出し防止のリードは装着していたので、宙吊りに。
●段差で引っかかるため少し勢いをつけて押したら、箱乗りしていた愛犬がカートから落ちてしまった。

操作性が悪い

●散歩の最初は2頭を歩かせ、片手でカートを押していくが、安定しなくてフラフラ。もっと片手で使いやすければ…と思う。
●使用中のカートが重く、ちょっとした段差でもつまずくことがあり、反動でワンコが落ちそうになり慌てた。

場所をとる・重い

●意外と重く、電車移動のとき、エレベーターのない駅だと抱えて乗り換えする際に、女性だと大変。
●多頭用に大きめのカートを衝動買いしたが、折りたたんでも大きくて車のトランクが使えなくなった。
●改札が通らない。

折りたたみにくい

●現在使っているカートは、折りたたみがしづらく、自立しないので置き場所に困る。
●バスはカートで乗り込めないので、折りたたみに手間がかかって大変だった。

がたつきがひどい

●小回りが利かず、舗装されたアスファルトの上でさえ、ガタガタ走行。二度と使っていない。
●足回りが悪く、走行しづらかったり道路のわずかな段差にもかなり揺れたり、がたついたりする。

遮断性が不十分

●何も言わずカートの中に手を入れてくる方がいる。
●ワンコが簡単に鼻で蓋を開けてしまうので、電車内でカートから出てしまいそうになる。
●かごの中を大型犬にのぞきこまれ、びっくりして飛び出して、カートを横倒しにした。

こんな危険も

●持ち手に付けていたフックにかけた荷物が重すぎたのか、荷物側にカートが倒れてきた。
●夏場の炎天下でのお出かけのとき、思ったより温度が上がっていて、熱中症気味になった。


「重要なのは、自分たちにとってのリスクとメリットを知ること」

ペットカートをより安全かつ快適に活用していただくために、弊社のペットカート「コムペットミリミリ」の監修獣医師でもあるグラース動物病院 院長の小林豊和先生にアドバイスをいただきました。

ペットカートが愛犬のストレスにならないように

今回のアンケートで最も多かったヒヤリ体験は、「飛び出し・落下」です。
ペットカートを使うときは、飛び出し防止用リードを装着し、幌を閉めるのが原則ですが、それ以外にも、カート選びの際に「キャリー部の深さ」にもこだわっていただきたいと思います。キャリー部が浅すぎることが、飛び出しの大きな要因になっています。
つなぐリードの長さにも注意が必要です。長過ぎると、飛び出して宙吊りの原因になりますし、2頭で使う場合は、カートの中でリードが絡まって自由が利かなくなることもあります。また、カートの遮断性も大切。犬が興奮したり怯えそうな場所では、幌カバーを下ろして外を見えなくすることで、犬の不安を軽減し、落ち着かせることができます。
犬が飛び出す理由は、閉塞感から落ち着かない、外出がうれしくて飛び跳ねてしまう、飼い主の姿が見えなくて不安、他の犬に興奮して飛び出してしまう…など様々です。愛犬の性格や習性を踏まえて、カートにいることが犬のストレスにならないような、カート選びや使い方をしてあげたいものです。


飼い主さんにとっても扱いやすいことが重要

小回りが利かない、走行時にガタガタする、折りたたみに時間がかかる…などの使い勝手への不満も聞かれました。そのために、せっかく買ったペットカートがあまり使われないとしたら、非常にもったいないことですよね。
愛犬の好みも大切ですが、飼い主さん自身が扱いやすく、使っていてストレスを感じないことも、カート選びでは重要な要素です。カートを選ぶときは、できるだけ実物に触れてみて、使い勝手の確認をすることをおすすめします。


事前に使用シーンをイメージしてみよう

ペットカート選びで失敗するのは、事前に使用シーンをイメージできていないからではないでしょうか。
主にどんな用途で使うのか。利用するのは徒歩か車か電車か。愛犬の性格はどうか。どこに収納するのか…など、使用シーンを具体的に考えていけば、カート選びで優先すべき条件が見えてくるでしょう。
すべての条件を満たす完璧な製品はなかなかありません。自分と愛犬にとってのリスクとメリットを十分に検討したうえで、自分たちにとって最も高メリット、低リスクのものを選んでください。

監修獣医師

グラース動物病院 小林豊和先生

グラース動物病院(東京都・杉並区)院長。最新の獣医料の提供とともに。
予防医学を重視し、肥満犬や高齢犬の生活指導や食事指導にも注力。著書・テレビ出演など多数。


アンケートにご協力いただいた皆さまに「コムペットミリミリ」のご感想をお伺いしました。

コムペットミリミリをご覧になったり、実際に使ってみた方のコメントから、「ここが魅力!」とご評価いただいた点をまとめました。

「困ったこと」「ヒヤリとした体験」を具体的にお聞きしました

安全面

●丸洗いができる点や、メッシュフード付、デザインも魅力。獣医師監修の安全性もうれしい。
●安全性、機能性に優れていて、愛犬が高齢になり病気も抱えているため、必要性を感じています。

犬のことを考えている

●とても犬の事、オーナーの事を考えて作った事が伝わります。
●犬に優しいというコンセプトに好感が持てる。

軽くて操作性がいい!

●試乗したが、キャリーもフレームも思った以上に軽く、片手でも操作できる軽やかさ。
●軽量で折りたたむとコンパクトになった点が気に入って、試乗後、さっそく購入!

選びやすいカラー展開

●色も、カワイイ系とシック系で選びやすい。男性もブラックならOKでは?

折りたたみがラク!

●軽量で折りたたみがラクなのが今までのカートにない特徴。自立するのも素晴らしい!!
●本体が小さく折りたためるのが収納場所を考えるととてもいいと思う。

キャリー部を取り外せるのが便利

●購入したが、キャリーだけ取り外しができるので、車に乗せるときも楽で、すごく重宝している。
●新幹線ではキャリーバッグになり、旅先ではさっとカートになる可愛いのを探していたので、まさに~って感じ。

幌の窓カバーが重宝

●長年カートを利用している者として、幌の窓カバーは一番欲しかった機能。
●幌の窓カバーをシーンによって使い分けられるところなど、とても工夫された製品だと思う。

きめ細かな使い勝手

●キャリーの取り外し、折りたたみがしやすい(自立する)、一人でも操作が楽。10年以上何台ものカートを乗り継いできたが、一番気に入っている。
●有名海外ブランドのものと比べ、基本性能に大差はないが、日本メーカーならではの細かい部分への配慮がよい。

コンビのベビーカーを使っていたので、信頼できる

●ベビーカーはコンビを使っていたため、使い勝手の良さはわかっている。何より安全性にも優れてそう。
●息子が赤ちゃんのとき、お世話になったコンビさんから発売されたので、安全面などは信頼できると思う。